妊娠のしくみとマタニティライフ|妊娠中の薬と飲み方

妊娠中の薬と胎児への影響

おなかの赤ちゃんは、お母さんと一心同体。
お母さんの行動が赤ちゃんに大きく影響します。
薬も例外ではありません。飲んだ薬のある種のものは、胎盤をとおって胎児へと送られます。
そのために異常が現れることもあります。

過去には、サリドマイド事件として大きく取り上げられたものもあります。
しかし、すべての薬が悪いというわけではありません。
お母さん身体の状態が悪ければ、胎児にも当然影響しますから、それなりに薬を使って治すこともあります。
どの時期にどんな薬に気を付けるべきか、理解しておきましょう。

医師に処方してもらう薬は「妊娠している」ことを前提に、慎重に選択されます。
風邪や頭痛などでも、できるだけ受診して、処方してもらうようにします。
手に入りやすいという点では、市販薬は便利ですが、この場合も妊娠していることを告げ、薬剤師に相談して買い求めるようにしましょう。

妊娠第4週~8週は薬の服用に気をつける

妊娠初期の第4週~8週までを器官形成期といいます。
この時期に赤ちゃんの各器官が作られるので、催奇形性という点で注意が必要です。
しかし、この時期は妊娠を自覚しはじめる微妙な時期なので、妊娠の可能性がある女性は常に気を付けてほしいと思います。
受精してから2週間の受精卵は薬の影響は受けにくいといわれています。
また、器官形成期以降では、機能的影響に気を付けなければなりませんが、催奇形性という面では、薬の影響はずっと少なくなります。

市販薬は一般の人々すべてを対象にしているため、安全性が厳選されています。
しかし、どちらかというと、応急処置的に症状を和らげるものですから、長期にわたる使用は控えてください。