便秘を予防しよう

妊娠中はホルモンの影響などで便秘気味に

おなかが大きくてただでさえ大変な時期なのに、妊娠中に限って便秘になりやすいのは、なぜでしょうか?「便秘」の原因と予防対策を知っておきましょう。
妊娠前から慢性的な便秘を抱える女性は少なくありません。妊娠すると、それまではお通じがスムーズだった人も便秘になりやすく、以前から便秘気味だった人はますます症状が悪化する例も多いようです。その原因の1つには、妊娠を維持するために増加した黄体ホルモンの影響で、腸の働きが低下することがあげられます。さらに、日に日に大きくなっていく子宮が腸を圧迫するので、腸の働きを妨げたり、妊娠中の運動不足や、大きくなったおなかのせいで腹筋が弱くなってしまうことも関係しているのではないかといわれています。
ただし、一般的に妊娠中は便秘になりやすいと考えられますが、体質や生活習慣の規則性、食事の栄養バランスなどでも大きく異なり、妊娠して逆に下痢気味になる人もいます。
便秘になっても、2~3日に一度でも便通があるのなら、それほど心配はいりません。しかし1週間以上も出なかったり、おなかの張りやかたい便で苦しい思いをしたり、痔の原因になりそうなときは、遠慮しないで主治医に相談しましょう。産婦人科では、赤ちゃんに影響のない便秘薬を処方してくれます。