貧血を予防しよう

主な改善方法は、食事療法と鉄剤の服用

ママが貧血になっても、赤ちゃんには優先的に酸素や栄養が運ばれるので、あまり心配しないようにしましょう。けれども、万一貧血が重症化したときは、ママが疲れやすくなったり、お産に影響する場合があるので、油断しないで日頃から貧血予防を心がけてください。
貧血の主な改善方法は副作用の心配もなく、妊婦さん自身が毎日の生活の中で無理なく続けられる有効な方法といえるでしょう。とはいえ、普段の食事から十分な量の鉄分を補うことは、簡単に見えて意外と難しいものです。

貧血を改善する食生活のポイント

(ほうれん草にもたっぷり)

ほうれん草は鉄分を豊富に含む野菜の代表格。ただし、ほうれん草のアクは鉄分の吸収を妨げるので、ゆでたあと、は流水にさらしましょう。

(しじみ、あさりなどの貝類を)

貝類には、鉄分以外にも丈夫な赤血球を合成するのに必要なタンパク質が含まれたいます。味噌汁やスープ、パスタ料理にもおすすめ。

(豚や鶏のレバーをとる)

レバーは鉄分を含む食品の王様。しょうがなどを加え、臭みを上手にとりましょう。ただし、妊娠初期はとりすぎに注意が必要なビタミンAも多いので適度な量に。

(動物性タンパク質、鉄分)

ヘモグロビンの主原料は鉄とタンパク質。鉄分を肉や魚、卵、乳製品などの動物性タンパク質と一緒にとると、消化率がアップします。

(酢、鉄分)

鉄分は米酢やリンゴ酢などと相性がよく、一緒に摂ると鉄が胃の中で溶けやすくなります。鉄分の豊富な料理に酢のものも一品加えてみて。

(ビタミンC、鉄分)

ビタミンCは、体内で鉄分の吸収を助ける栄養素。主にいも類、果物、生野菜に豊富に含まれています。毎食摂るのがベストです。