妊娠第8カ月(28~31週)

入院に備えて準備万端に

おなかの中の赤ちゃんがかなり大きくなってきて、息切れや動悸が起こったり、姿勢も反り気味になって陣痛を訴えるママが増えます。
急激に腹部や乳房が大きくなるために妊娠線が出ることもあり、妊娠中毒症、膀胱炎、腎盂炎、早産などの起こりやすい時期でもあります。赤ちゃんの筋肉・神経のの発達はめざましく、おなかを蹴る力も強くなります。聴覚も完成し、外の大きな音に反応したりします。このころから皮下脂肪もついて、しわが減り、ふっくらした赤ちゃんらしい体つきになってきます。

補助動作・・・自分に合った痛みを乗り切るためのポーズを見つけよう

入院してベッドで寝ている姿勢のままでいると、腰が圧迫されるようで、かえって痛みが強いという人も。人によっては立っていたり、ベッドの上であぐらをかいて座る、あるいはベッドや椅子に腰かけていたほうが、痛みをのがしやすいということも。痛みを乗り切るためのポーズを覚えておいて、陣痛のときに試しながら、自分に合ったポーズを見つけて痛みを乗り切りましょう。