里帰り出産、いつまでに帰ればいいの?①

遅くとも予定日の1カ月前までに

妊娠経過が順調な人は、妊娠9カ月中には里帰りをしましょう。双子・多胎のほか、何かトラブルのある人は、もう少し早めに帰る必要があります。いずれにしても里帰りの前には診察を受け、医師から里帰りについての注意を聞いておきましょう。

これなでの主治医の紹介があればベストです

里帰りしたら、すぐに出産予定先の病院で健診を受けましょう。そのときに、これまでの妊娠経過が書いてあるものや、紹介状があると転院もスムーズにいきます。できれば里帰りする前に、一度里帰り先の病院で健診を受けておくと安心です。

移動手段は母体に負担がかからない方法を

長距離の場合は、車より飛行機や新幹線のほうが時間が短く、母体への負担が少ないという意見も。飛行機の場合は、航空会社の妊婦の搭乗規定により、予定日の28~8日前までは、医師の診断書と本人の誓約書が必要です。予定日の1週間前になると、診断書と誓約書、さらに医師の同伴が必要になってきます。そのためにも、里帰りは予定日の1カ月前にはしておきたいものです。マイカーのほうが荷物もたくさん運べて、気楽でいいという人もいるでしょう。その場合はこまめに休憩を取るようにしましょう。