体重管理を始めよう

妊娠中の体重増加の目安は7~12kg前後

妊娠中の体重増加の目安は、妊娠前の体形によってそれぞれ違ってきますが、標準体重の人で7~12kgといわれています。またやせ気味の人は皮下脂肪をつけることが必要なので、9~12kgの増加が必要です。
目標体重の内訳には、おなかの赤ちゃんの体重やママに必要とされるいろいろなものの増加分も含まれています。
まず、赤ちゃんの標準的な出生体重の約3kgがあります。そして赤ちゃんが産まれる時の胎盤の重さが約500g、同様に羊水も約500gになります。さらに子宮や産後の授乳に向けて発達した乳房の重さ、妊娠によって約1.5倍に増える母体の血液量や水分・脂肪の増加分を合わせると、約8kgと考えられます。出産直後から赤ちゃんにおっぱいをあげるためには、ある程度の脂肪の蓄積も必要です。それらを合計すると、妊娠に伴う体重増加の内訳は約7~12kgという数値になります。この約7~12kgという重さを踏まえて、非妊娠時の体重を考えながら、体重増加の目標を立てていく事が大事です。
体重が増えやすい時期もあります。つわり明けは食が進みやすく、仕事を持っていたママは産休に入った直後、家にいることが多くなるとつい食べものに手が伸び、運動不足になりがちです。里帰り直後、臨月に入り赤ちゃんの発育が目ざましい時期も注意が必要です。