産休前、産休中にしておくことは?

無理をしない仕事スタイルを

産後の育児休暇をたくさん取りたいので出産ギリギリまで働きたいという人もいるようです。大きなおなかを抱えての通勤は大変なので、時間に余裕を持って、気分が悪くなったら途中下車して休みましょう。仕事中も同じ姿勢を続けずに、ときどき体を動かして気分転換を。オフィスの冷え対策も大切です。

仕事の引継ぎをしっかりする

すでに妊娠報告をすませ、産休中の仕事の段取りもできていると思いますが、もう一度産休に入る前に、仕事の引継ぎをしっかりしておきましょう。仕事の内容を文書にして渡しておくと、他の人にもわかりやすく、自分の仕事の整理にも役立ちます。職場の人に産休に入る挨拶をするとともに、仕事関係の人にはメールや文書で挨拶しておくといいでしょう。

産休中にすることは?

仕事から解放された久しぶりの長期の休日。しかし、案外やっておくことは多いものです。
母親学級に参加してみるのもいいでしょう。また、家の片づけや買い物など、出産後のことも考えて、今から少しずつやっておきましょう。家のなかの掃除や方付けはいい運動になります。

保育園探しも産休中に

育児休暇は取らずに、産休明けから働く予定の人は、妊娠中に保育園探しをしておくことをおすすめします。どこにどんな保育園があって、どんな保育内容か、ここに我が子を託しても大丈夫か、自分の目で確認して選びましょう。保育園に空きがない場合は、ベビーシッターや保育ママ、民間の託児所などを利用する方法もあります。