妊娠と病気が重なったとき

甲状腺の異常

甲状腺の病気には、甲状腺ホルモンが過剰になる病気(バセドー病)や、不足する病気(橋本病)などがあります。バセドー病ではママが無治療または治療が不十分であると、発育不全の赤ちゃんが産まれたり、胎児死亡が起こることも。しかし、薬を飲んで病状が安定していれば、心配ありません。また、橋本病が妊娠経過に影響を与えることもありません。いずれの場合も妊娠前から妊娠中、産後にかけて、甲状腺の働きを頻繁にチェックしてもらうことが大切です。

アレルギー体質

妊娠中に症状が出た時は、産婦人科医か妊娠前からのかかりつけの医師に妊娠していることを告げて受診しましょう。妊娠中は、塗り薬や点鼻薬などが処方されますが赤ちゃんへの影響は心配ありません。アレルギーを起こしやすい体質は赤ちゃんに遺伝しますが、発症するかどうかは食生活、住環境などの環境因子にも影響を受けるので、アレルギー体質の赤ちゃんが、アレルギーを起こすとは限りません。