妊娠初期 1カ月(0~3週)③|出産予定日を割り出そう

妊娠週数は最終月経の第1日目から数えます

ちょっと不思議なのですが、妊娠の最初の日というのは受精卵ができた日でも着床した日でもありません。妊娠週数は、最終月経の第1日目を「妊娠0週0日」として数え始めます。妊娠0~6日が「妊娠0週」、7~13日か「妊娠1週」となり、妊娠0週から3週までの4週間が「妊娠1カ月」です。続く妊娠4週から7週が「妊娠2カ月」となります。
病産院では、月数よりも「妊娠28週5日」というように週数と日数の組み合わせで数えることがふつうです。この数え方で具体的にみていくと、たとえば受精卵が着床したのは妊娠3週0日ごろ、出産予定日は妊娠0週0日から数えて280日目の妊娠40週0日目ということになります。

出産予定日を自分で割り出してみましょう

出産予定日は、最終月経の開始日からちょうど280日目(妊娠40週0日目)になります。もし月経周期が規則正しいのなら、排卵日(受精した日)も計算通りになり、出産予定日がほぼ正確にわかります。
ただし月経周期が不規則な場合、必ずしも計算通りとはいかないので、超音波検査で胎児の成長の状態を見極めるなどして出産予定日を割り出しましょう。
だだ、予定通りにいかないのが出産です。いつ赤ちゃんが産まれても大丈夫な妊娠37週0日から41週6日までの分娩を「正期産」、胎盤機能が低下してくる42週0日以降は「過期産」、胎児がまだじゅうぶんに成長していない22週0日以降37週未満の出産は「早産」と呼びます。