妊娠中期のあなたへ|妊娠中期の食事は?①

つわりが治まり食欲旺盛に

つわりが治まって食欲が出てくると、いままでのマイナスを取り返そうと、つい食べ過ぎてしまいます。しかし、食事の量を増やすより、栄養のバランスをよく考えて、良質のたんぱく質やビタミン、ミネラルを上手に摂ることが大切です。おなかの赤ちゃんは、母体から栄養をとって、成長していきます。赤ちゃんは自分に必要なものはどんどん摂取するので、2人分の栄養を考えて上手に食べることです。
必要以上の栄養は、体内に蓄積されて、肥満につながります。食欲にまかせて、ご飯や甘いものを無制限に食べると太ってしまいます。体重の増加には十分注意しましょう。1週間に500グラム以上増加するのは太りすぎです。妊娠中の肥満は、母体に負担がかかり、ひいては妊娠中毒症を誘発したりします。カロリーの高いものを控え、良質のたんぱく質を主体にした食事に切り替えるようにします。
妊娠中は、バランスのよい、質の高い食事をとることに重点をおきましょう。食品構成表にしたがって、必要量を忠実に食べることももちろん大切ですが、食事は義務感でなく楽しく食べること。まずいと思って食べると、消化液の分泌が少ないので、消化吸収率が悪く、同じ量を食べても栄養になりません。まずは楽しく食べることをこころがけましょう。