骨にゆだねる体の使い方で不調改善

骨盤を動かすには股関節の動きが鍵に

産後の下半身太りを回避するために。骨盤の後傾を防ぐことが大切ですが、骨盤を無理にでも動かせばいいというわけではありません。骨盤の傾きの調整には腹筋の力が欠かせませんが、腹筋に力を入れづらい産後ママが骨盤を動かすと、腰や背中の筋肉に負担をかけてしまいます。健康になるための努力で、逆に肩コリや腰痛になっては本末転倒です。
骨盤の傾きを調整するにはコツがあります。それは、股関節を動かすこと。意外かもしれませんが、骨盤は足の骨と連動して動きます。そのため、股関節へのアプローチが骨盤に作用するのです。この方法なら、今すぐ腹筋を鍛える必要も、腰を痛めることもありません。
方法は簡単で、股関節とつながっている大腿骨を内側と外側に交互にひねるだけです。すると、あれだけ負担がかかっていた腰や背中から緊張が解け、自然と骨盤が前に傾くはずです。
これは、骨盤と股関節をつなぐインナーマッスル(腸腰筋群)が作用することで、起こります。産後に緩んだ腹筋は、このインナーマッスルが作用することで、自然に戻り始め、骨盤の傾きを正常に維持できるようになるのです。

他に食生活にも気をつけたり、改善してマタニティライフを楽しんでください!