妊娠末期28~31日 妊娠8カ月|妊娠高血圧症候群などの合併症にならないように、さらに注意しましょう

陣痛がきたときのことをイメージして、出産の準備を始めましょう

おなかも重くなり、出産の実感がわいてくる時期です。そろそろ入院に必要なもののリストを作ったり、入院したときの連絡先リスト、陣痛がきたときの交通手段の確認をしておきましょう。特に病産院までの距離がある人、時間帯によっては陣痛がきたときに付き添いがいないことが想定される人は、夫など、家族とよく相談しておきましょう。
里帰り出産を予定している人は、本当に可能かどうか主治医に確認をしてください。妊娠高血圧症候群などの合併症になっていたり、早産気味といわれていた人では、里帰り出産は好ましくない、と診断されることもあります。また、これまでの妊娠経過になんらかのトラブルがある場合、予定帝王切開を検討されることもあります。経膣分娩を希望していた人は残念に思うでしょうが、赤ちゃんとママの安全のために必要なことですから、元気な赤ちゃんを産むためと前向きにとらえてください。
すでに性別がわかっている人もいるかもしれません。性別は産まれてからのお楽しみ、という人も、名前の候補を考えておくとよいでしょう。夫婦で話し合ったり両親と相談すると、さらに赤ちゃんが産まれるという実感が強くなり、喜びもひとしおです。