早産・切迫早産

おなかの張りが1日10回以上続いたら要注意

妊娠中期~末期で心配なのは早産です。早産は赤ちゃんが妊娠22週以降、37週未満に産まれてしまうことをいいます。おなかの張りや痛みと出血が早産の兆候です。しかし、妊娠末期になると、だれでもおなかの張りを感じます。感じ方は人によって違いますが、1日に数回であれば生理的なもの。しれが10回を超えるようなら要注意ですから、すぐに病院に連絡して医師の指示を受けましょう。出血はおしるしくらいの量で、そう多くはありません。でも出血は異常の大きなサインです。少量だからと放っておかず、すぐ病院に連絡しましょう。また、前期破水すると、赤ちゃんが細菌に感染する危険性が高まるので、早産することが多くなります。
妊娠22週が早産のラインに指定されたのは、赤ちゃんが産まれても医学の力でぎりぎり生きられる週数だからです。早産の赤ちゃんは、大きさや状態によって対応は異なるものの、多くの場合、低出生体重児となり、NICU(新生児集中治療室)で治療を受けます。医学や医療技術の進歩によって、助かる赤ちゃんも多くなりましたが、胎内にいる週数が短ければ短いほど発育は未熟です。頭蓋内出血や黄疸などの異常が起こりやすく、生存率は低く、後遺症が残ることもあります。ですから赤ちゃんはできるだけ長くお母さんのおなかの中にいることが大切です。早産は未然に防ぐように努めましょう。

マタニティスープの定期購入は「マタニティスープ まとめ」で検索してください。