妊娠中のマイナートラブル

妊娠による不快な症状は上手に対応を

妊娠すると体型やホルモンの状態が変わったり、生活スタイルも変化します。そのため体に変調が現れやすく、妊娠初期では頻尿や便秘、頭痛、貧血などを、中期以降では腰痛や静脈瘤などを経験する人が多いでしょう。マイナートラブルは、妊娠に関わる重大な病気ほど問題になりことはありません。妊娠中の一時期のことなので、ほとんどが出産すれば治まります。とはいえ、日常生活を送る上ではつらく、不快です。まれに重大な病気が隠れていることもあります。トラブルによっては自分でできる対処法も。つらいときは医師に相談しましょう。
頻尿は妊娠初期と末期に起こりやすい症状です。初期の子宮の大きさは、大人の握りこぶし大くらいですが、血液量が増えるため、まわりの臓器を刺激します。膀胱も刺激されるので、頻繁に尿意をもよおすようになります。中期になると体が妊娠に慣れてきますが、末期になると、大きくなった子宮が膀胱を圧迫するため、再び頻尿に。妊娠中の頻尿は生理的なもの。がまんすると尿モレの原因になるので、そのつどトイレに行きましょう。寝る前の水分は控えたほうがいいでしょう。