おなかの赤ちゃんとママの266日|妊娠8カ月(28~31週)③

赤ちゃんの血液型大予想!

ABO式の血液型とは、赤血球に、ある物質が存在するか同課の分類。A型、B型にはそれぞれに特有の物質が含まれ、AB型はその腸両方を持ち、O型は両方とも持っていないのです。何型になるかは、遺伝子によって決定されます。
ところで、A型の人には、両親からAAの組み合わせで遺伝子を受け継いでいる場合と、AOの組み合わせで受け継いでいる場合があります。B型の場合も同様にBBとBOが。AB型は、必ずOOの組合わせです。

安全な食品を食べるためにしたいこと

妊娠中は、おなかの赤ちゃんのためにという気持ちが強くなり、食品の安全性が気になり始めるものです。農業や食品添加物も、国の定める基準に沿ったものであれば、基本的には口に入れても丈夫ですし、神経質になりすぎなくていいでしょう。ただし、たとえば食品添加物を複数組み合わせてとった場合の安全性に関しては、未知数のことも多いのは事実。食品に示された原材料表示をチェックし、できるだけ添加物の少ないものを選ぶという習慣をつけるといいでしょう。
輸入食品よりも国産のほうが安全かという点も、一概には言い切れません。しかし、余計な保存料などを減らすためにも、地産地消の考え方がこれからの食のありかたとして注目されているのは、ご存知のとおり。地元で生産された新鮮なもののおいしさに気づけたら、
それもおなかの赤ちゃんのおかげかもしれません。子どもを育てていくうえで、食に対するしっかりした意識を持つのはとても大切なことです。