カジノのメダルゲームのいろいろ

海外のカジノでは遊技場の中にスロットマシーンやテーブルなどがありますが、それ以外にもメダルゲームをおいているカジノがあります。いわゆるコイン落としと呼ばれるようなタイプのゲームや、様々な方法でメダルを増やすゲームが設置されており、それらは賭けに使うというよりはカジノで長時間プレイした後の気分転換として使うことが多くなっています。メダルはチップとは違う方法で換金をするので、増額分はお金に換えるのではなく、景品と交換することが多いので、同行者と一緒に遊技場に行った時に、その同行者があまりギャンブルに興味がない方でも楽しむことが出来ます。この施設は遊技場の中にあるので、入場できる年齢でなければ使うことは出来ませんが、プレイしていてなかなか楽しいマシンなので飽きることはありません。

日本国内にもメダルゲームは存在します。日本の場合にはどちらかというとカジノがメインとなるため、メダルをチップに見立ててプレイしていきます。ゲームセンターやアミューズメント施設などに置かれていることが多く、一人あるいは複数の人数でメダルをベットして増やしていくタイプのゲームです。リアリティあふれるゲームシステムなので、ルーレットやブラックジャックなどをビデオゲーム形式で楽しむことが出来ます。対象年齢はゲームセンターなので制限はなく、未成年者でも遊べるのが特徴です。もちろん増えたメダルはゲームセンターの中で使えるだけなので、換金は一切出来ませんが本当のカジノのルールと同じなので、国内にいながら遊技場に行った感覚を楽しむことが出来ます。全国各地のゲームセンターで取り扱いがあるので、試してみましょう。

海外でのカジノで置かれているメダルゲームの中には、日本国内のメーカーで作られたものも多く存在します。日本は世界各国から評価されるテレビゲーム作品を多く開発していますが、遊技場でも遊べるようなメダルゲームのマシンも輸出しているのです。もちろん遊技場に設置するためには、その国ごとに決められた厳しい基準をクリアしなければなりませんが、認証評価に一度通りゲームシステムが公正なものだと判断されれば設置が可能になります。日本製のものはゲームそのもののシステムが面白いだけでなく、機械としての性能も高いので故障もあまり起きず信頼されている傾向にあります。国内の名だたるメーカーが作っているメダルゲームもあるので、欧米諸国やアジアなどのカジノに行った時には、メダルゲームのメーカーにも着目してみましょう。