ポーカーのルールとカジノでうまく稼ぐためのコツ

ポーカーはトランプを使うゲームで世界中の人に知られています。カジノでもポーカーは人気のあるゲームです。プレイの参加人数は2人から10人でジョーカーをのぞく52枚のトランプカードを用います。まず仮の親を決めて切ったカードを左から順番に配って表を向けて置き、「J」のカードを配られた人が「親」となってゲームを始めます。まず参加者すべてに2枚づつカードを配り、それは配られた人だけが使う手札となります。そのあとプレーヤーの中心に全員が共通して使える5枚のカードを置き、手札と合わせた7枚のカードの中から任意で5枚選び、ポーカーハンドを作ります。
持った5枚のカードがどのような数字やマークの物なのかで勝負をします。その中で同じ数字が2枚あればワンペア、2枚のペアが二つあればツーペア、同じ数字が3枚あればスリーカード、7枚の中で5つの並ぶ数字があればストレート、同じマークが5枚あればフラッシュ、同じ数字が3枚と別の同じ数字が2枚あればフルハウス、同じ数字が4枚あればフォーカード、同じマークでしかも並ぶ数字が5枚あればストレートフラッシュ、ストレートフラッシュの中でも10JQKAの5枚があればロイヤルストレートフラッシュという9つの役がありロイヤルストレートフラッシュになるのが最も難しく勝利を導くことになります。
カジノで行われるポーカーは「カジノホールデム」といわれプレーヤーとディーラーの1対1の勝負となります。空いているテーブルがあればいつでも自由に使え止めたいときはいつでも止められます。上手く稼げるコツといえば、どんなカードが来るかは運なので自分でカードを選ぶコツはないのですが、A-K、A-Qの強いハンドが来たら積極的にプレイをし、ベットを多くすることです。しかし強いハンドがない場合はやめるのもコツです。ベラジョンなら自宅にいながらディーラーとポーカーの駆け引きが楽しめます。