世界のカジノでのポーカーゲーム

ポーカーはもちろん日本でも広く楽しまれているカードゲームの一つですが、それは世界でも同様です。ただし、カジノということで話をすれば、そのルールは日本で普通に遊ばれているポーカーとは少し異なっています。世界と異なって日本にはカジノが今のところありませんから直接的な比較はできませんが、これは日本だからという理由ではなく、カジノでの賭けをよりエキサイティングにするためのものですから、世界標準のカジノが日本にもできたときにはおそらくこのルールが採用されることになるでしょう。また日本でのカジノをより楽しむためにはビットカジノなどのネットカジノで慣れておくとよいでしょう。
普通のポーカーでは手札は5枚で、そのうち不要なカードを山札と交換して高い役作りを目指すでしょう。これはこれで面白いのですが、世界標準のルールは違います。この場合、手札は2枚だけで、しかも山札と交換することもありません。代わりに、普通のゲームでは発生することのない場札が配られます。場札は合計5枚配られ、各プレイヤーは手札2枚と場札5枚の合計7枚の中から自分で選んだ5枚のカードで役を作ることになるのです。普通のポーカーでは、他のプレイヤーのプレイぶりを気にするとすれば何枚のカードを交換したかくらいでしょう。あとは表情やしぐさを見るくらいで、自分の5枚のカードに目を落としている時間が長いことでしょう。
ですがこちらのルールでは、各プレイヤーの目は必然的に場の中央、場札に向かうことになり、そこに各プレイヤーでのインタラクティブな相互作用が生まれてきます。つまり、より盛り上がりを見せることが期待でき、カジノという場にふさわしいプレースタイルになるわけです。これが世界標準のポーカーのルールですから、カジノでプレーしようと思っている人は覚えておくと良いでしょう。