日本から近いソウルのカジノでポーカーを楽しむ

日本から近場でカジノができる場所のひとつに、ソウルで観光名所にもなっているパラダイスカジノウォーカーヒルがあります。パラダイスグループが経営していて1968年にオープンして以来外国人に人気の場所で、ポーカールームがあります。外国人専用で年齢制限があり19歳未満は入れませんから、入場する際にはパスポートの提示が必須です。服装制限はそんなに厳しくなく普段着でも大丈夫ですが、ラフすぎる半袖短パンやタトゥー、サングラス姿は断られる可能性があります。大きい荷物や不正に使用できるようなものは持ち込めないため、入場前に預かってもらう必要があります。カジノ未経験者は事前にネットカジノのベラジョンで慣れておくと安心です。

行き方は羽田空港から金浦空港か成田空港から仁川空港でソウルに向かい、ソウルの地下鉄2号線の江辺駅か5号線のクァンナル駅から無料シャトルバスが10分おきに出ているので利用しやすいです。シャトルバスの停留場には黒色に白文字の看板が立っていて、運航時間は6時から23時20分までとなります。カジノ自体は24時間営業しているので勘違いしやすく、シャトルバスを利用したい人は時間に注意が必要です。

外貨しか持っていなくても、両替所が設置されているので問題ありません。ポーカールームは隅の方にあるため初めてだとわかりにくい場合がありますが、見つけられなかった場合にはフロアスタッフに聞きましょう。夕方にテーブルがオープンすることが多く、人数によって1卓から2卓程度のことが多いです。あまりポーカーに慣れていない人は最低ステークスのところから始め、場になれたら変えるのもよいでしょう。途中でカジノ側から勧められる場合もあるので断ってもいいですし、勧めに乗って高いステークスにチャレンジすることもできます。プレーヤーには無料食事サービスが提供されているので、腹ごしらえをしながら楽しむことが可能です。