台湾でポーカーがプレイできる屋台のカジノ

台湾の台中市にある夜市では本場のランドカジノのようなポーカーゲームをプレイできるという屋台が話題になっています。その一方で台湾の法律に照らし合わせて考えると違法性がないのかどうかについても注目を集めているのです。屋台とはいっても、本場のカジノに勝るとも劣らない設備が設置されていてコインを購入してプレイを楽しむことができるようになっています。ただしコインを購入したとしても景品と交換できるだけで現金に換金する行為は行っていないので、巧妙に違法性を回避している形になっているのです。1日あたりの売上は、およそ5千元ぐらいで、1ヶ月あたりの売上は、およそ10万元ぐらいになるとされています。

しかしオンラインカジノであれば、ランドカジノが違法である台湾でもポーカーを楽しむことが可能です。ランドカジノでのポーカーはディーラーと呼ばれる方が対戦相手になりますが、オンラインカジノで対戦する場合はプログラミングされたシステムが対戦相手になります。ポーカーはルールが幾つか存在していて配布されたカード5枚の中から必要となるカードを残しておき必要ないカードを捨て山から新しいカードを補充することによって役を作りあげるゲームです。ビットカジノのなら仮想通貨のビットコインでゲームを楽しむことも可能です。

特に払い戻し率が高いビデオポーカーが人気を集めていて、そのビデオポーカーはジャック以上のカードでワンペア以上の役を作ると勝ち金がペイアウトされる仕組みになっています。ここでいうジャック以上のカードとはジャックを含めたクイーンやキングといった絵札やエースのカードのことです。ですので2から10までのカードのワンペアについてはペイアウトはされません。ペイアウトは画面に掲載されている表のとおりに行われます。