カジノではチップを賭けてポーカーを行います

ポーカーは世界中で愛されている代表的なカジノのトランプカードゲームです。コンピュータと1対1の勝負を行うゲームはビデオポーカーと呼ばれていて、プレイヤー同士が競い合うポーカーは「テキサスホールデム」などと呼ばれています。テキサスホールデムに興味がある方は世界中で人気を集めるベラジョンがおすすめ!初心者でも安心してプレイできますよ。

テキサスホールデムはカジノでは有名なゲームで比較的簡単なルールです。プレイヤーは裏向きのカードが2枚配られ、手元に配られた2枚のカードはプレイヤーのみ使用することができるカードになります。これらとは別にテーブルの中央には表向きカードが最大5枚並べられ、並べられた5枚のカードはゲームに参加するすべてのプレイヤーが使用することができる共通カードです。場札に並べられるプレイヤー共通の表向きのカードが5枚、手元に配られている各プレイヤーが利用することができる裏向きのカード2枚の計7枚のカードを使って最も強いポーカーのハンドを作り上げます。

プレイヤー同士で強さを競い合うゲームがテキサスホールデムです。ゲームは4回ラウンドで構成されていて、プレイヤーはそれぞれラウンドにおいてチップを賭け勝負を行います。1ゲームに貯まったチップはゲームが終わるまでは一時的に保管されることになります。4回ラウンドのいつでもゲームを降りることができ、すべてのラウンドが終わった時にゲームを降りないで残ったプレイヤーはハンドを開き見せ合います。最も強いハンドのプレイヤーは勝者となり、勝者は合計4回ラウンドにおいてすべてのプレイヤーが賭けていたチップを獲得することが可能です。カジノでは有名なゲームで世界中に愛好家がいるギャンブルで、他人のハンドを予想しながらチップを吊り上げていくといった心理作戦が展開されます。