チリのカジノではポーカーを楽しむ人がいます

チリといえば国土が南北に長いことで知られています。北部には乾燥した砂漠が広がっていますが、他方、南部には1年中氷に覆われた地域もあるのです。地域のそれぞれにカジノが設けられていて、多くの人に楽しまれております。チリで最もよく知られたカジノは、南米でも有数のリゾート地であるビーニャデルマルにあるのです。同国のカジノは、国が定めた法令に基いて適正に運営されています。中には、夜の2時とか4時に閉店するという店もあるほどです。ドレスコードは全くありませんが、相応にオシャレな服装で入場するのが望ましいです。カジノだけでなく、ビンゴゲームやボウリング等も併設されていることが多く、週末ともなると大変な賑わいを見せています。

エンジョイカジノサンティアゴは5つ星ホテルを併設しており、スパやフィットネスセンターも充実しています。テーブルゲームの営業時間は、午後2:00から午前4:00まで、スロットマシンは午後12:00から午前6:00までプレイすることができます。チリで遊べるカジノゲームとしては、ブラックジャック、ルーレット、ポーカー、スロットマシンなどがとりわけ人気を集めています。ブラックジャックは、自分の手とディーラーの手とで勝負をいたします。カードの数字の合計が21に近いほうが勝ちとなるのです。22以上になってしまえばその時点で負けになります。ルーレットは、ディーラーが投げ入れたボールがどこの数字のところに落ちるかを予測するゲームです。ボールが入った場所によって勝敗と配当が決まります。どうやったら勝てる方法を知りたい!ならブラックジャック必勝法で勉強してみるのもよいでしょう。

チリでのポーカーには、カリビアンスタッドポーカーとドローポーカーが主流で行われています。もちろん日本人か参加しても何ら問題はありません。