カジノで主流のポーカー・テキサスホールデム

ポーカーは地域ごとの亜種を含めると数百にも及ぶ別ルールでプレイされているといわれています。
日本では各人に5枚のカードを配り、そのカードを山札と交換する単純なルールが主流と思われますが、カジノで行われているポーカーはほぼテキサスホールデムになるでしょう。

テキサスホールデムがカジノで人気なのは、テーブル上に見えるカード情報が多く、相手の反応と自分の手札から考えられる可能性が豊富で、かつチップをベットする行為にも駆け引き要素があり、複雑な心理戦が楽しめるからだといわれています。
日本でもカジノが設営されるようになれば、この種目が行われることになると思われます。テキストホールデムをやってみたい方、まずはオンラインカジノランキングをチェック!

以下にそのルールの概略を見ていきましょう。

まずポーカーの基本として、プレイヤーは5枚の手札を持ち、その図柄と数字の組み合わせで役を作り、より組み合わせ困難な強い役を完成させたプレイヤーが勝利する、というルールがあります。

テキサスホールデムの手順は以下のようになります。
ディーラーが全プレーヤーに2枚ずつカードを伏せて配ります。これはホールカードと呼ばれます。
役を作るにはあと3枚のカードが足りませんが、この役目を果たすのがコミュニティカードと呼ばれる全員に見える位置に伏せて置かれる5枚のカードです。

プレイヤーは自分だけが使える2枚のホールカードと、5枚のコミュニティカードの中から希望するものを組み合わせて5枚として役を構成させて勝負します。

専用の用語を使わず説明すると以下のようになります。

  • 各人に2枚の手札を伏せて配る(自分の分だけは見ることができます)
  • コミュニティカードのうち3枚だけが開かれます
  • 4枚目のカードが開かれます
  • 5枚目のカードが開かれます
  • 全員が手札を見せて勝敗を決します

上記手順では割愛していますが、実際はこの各段階ごとにチップを賭けるか、勝負から降りるかを選択することができます。降りた場合それまでに賭けたコインは戻りません。そのため、徐々に明らかになるコミュニティカードと相手の反応を見ながら、より高いチップを賭けるか、勝てそうにないと見て早めに撤退するかの判断力を競うゲームであるといえます。