カジノで遊べる7UPバカラのルール

バカラは世界中のカジノで大変人気のあるカードゲームです。
ルールは非常に単純かつ短時間で勝負がつきます。
7UPバカラはバカラの特殊ルール版のようなものですが、まず基本となるバカラについて説明します。

カジノでバカラの卓があった場合、そこにはカードを配るディーラーと賭けに参加するたくさんの客がいる状態になります。ディーラーがバンカーとプレーヤーという二人に2枚ずつカードを配って勝負が始まりますが、この両名は賭けに直接参加することはなく、周りの観客がこの両名の勝敗を予想してチップを賭けるのです。

大まかな流れは以下のようになります。

  • バンカーとプレーヤーに2枚ずつ伏せカードが配られます。
  • 観客がバンカーとプレーヤーのどちらが勝つか、引き分けになるかを賭けます
  • 双方が3枚目のカードを引くか引かないかを決めます(自動的に引くかどうか決まるルールもあります)
  • 手持ちカードを合計した数字の1桁目が9に近いほうが勝ち、同じなら引き分けです。

なお、Aは1、10と絵札(J,Q,K)は0として計算します。2~9はそのままです。
勝つ側にベットできたなら賭けただけのチップが、引き分けを的中させればなんと8倍のチップが手に入ります。

7UPバカラはこのバカラで、7の数字に強い役目を持たせたものになります。
双方に2枚のカードを配る点は共通ですが、プレイヤー側の持つ1枚は7に固定されるのです。
その上で上記の手順を行うのですが、いずれかが7の数字で勝利した場合のオッズが高いことも魅力の一つです。

バンカーかプレイヤーの7勝利予想を的中させたら配当は2.8倍になります。
引き分けが8倍なのは通常ルールと同じですが、双方が7で引き分けたときはスーパーセブンといって配当が10倍になるのです。

バカラはカジノのディーラーが経験や勘で介入する余地がなく、勝負スピードも速くてルールが単純なので人気があります。
中でも7UPバカラは最初にプレイヤーのカードを1枚固定することで勝敗の偏りが生まれやすくなり、オッズも高くなって、いわば場が荒れやすくなるため、スリルを求めてカジノにを訪れる方には人気があるのでしょう。
バカラを楽しみたい初心者の方には完全日本語サポートのエンパイアカジノ もおすすめです。