裏カジノや闇カジノでプレイするのは違法

日本はカジノ合法化に向けて議論は進んでいるものの、まだ合法ではなくカジノをプレイすることは国内では違法行為になります。こうした事情がありながらも闇カジノや裏カジノを運営している店鋪というのは存在します。ビルの一室あるいは地下室などでひっそりと店鋪を構えており、口コミあるいは会員制によって営業されている場合が多く、当然ここでプレイすることは違法行為です。裏カジノや闇カジノはプレイした回数が1回であろうと、そのタイミングで警察官が来て逮捕されてしまった場合には、賭博罪として処罰されることになります。

闇カジノや裏カジノはプレイするだけで犯罪ということを忘れないようにして、万が一そのようなお店があっても入ることは絶対にせず、可能であれば警察に通報をすることも大事です。どうしてもカジノをしたくなった場合には、オンラインカジノやネットカジノをつかうか、あるいは賭博を伴わないゲームとしてカジノが提供されているお店に行くのが一番です。

裏カジノや闇カジノは警察の捜査も積極的になっているので、どんなにひっそりと営業していようと、必ず摘発されているのが実情です。暴力団の資金源となっていることも珍しくありませんから、お店には立ち入らないようにしましょう。裏カジノと闇カジノはサービスを提供する側も、それを利用する側も犯罪となってしまうので、遊ぶのにはリスクが伴います。合法的に遊べる手段はネットカジノや賭け事のないカジノバーなどで楽しめますから、合法化されるまではそれらで楽しむのが良いでしょう。人気のルーレットは、ルーレット必勝法を事前に理解しておく ことをおすすめします。もちろん海外旅行に行って正規のカジノを楽しむのもありですから、くれぐれも闇カジノと裏カジノには行かないということがベストです。