カジノ初心者がルーレットで勝つコツ

カジノはいまだ日本に存在しないため馴染みのないものとなっていますが、広く世界中を見てみれば一般的なギャンブルとなっています。そのカジノの中でも花形と呼ばれるのがルーレットで、ディーラーが投げた玉が入ったポケットを予測するだけのシンプルなルールです。賭け方に色んなバリエーションがあるので複雑なゲームにも見えますが、最低限のルールさえわかっていれば初心者でも気軽に楽しめるゲームとなっています。
気になる!ベラジョンカジノで全種類のバカラを徹底調査!たくさんありますよ!
ルーレットには1から36の番号と0の番号が並ぶヨーロピアンスタイルと、さらに00が追加されたアメリカンスタイルがあります。当然、番号の少ないほうが勝率も上がるので、初心者ならヨーロピアンスタイルを選択するのが一般的です。初めてゲームを開始した際にやってしまいがちなのが、ひとつの番号にチップを賭けてしまうことです。いわゆるストレートと呼ばれる賭け方で、勝てば36倍という高配当が期待できる反面、的中率は3%を切る低確率のため狙うことは考えてはいけません。特に慣れないうちは無理に稼ごうとはせず、雰囲気を楽しむことだけを考えましょう。
カジノのルーレットには様々な賭け方があり、大雑把に分けるとインサイドとアウトサイドと呼ばれる2つがあります。インサイドベットは番号を狙った賭け方を基本にしており、ストレート以外にも6つの数字に賭けるシックスウェイや隣り合った4つの数字に賭けるコーナーがあります。賭ける番号が増えるだけ配当は少なくなりますが、的中確率は高まるのでより多くの数字を予測するのが賢いやり方と言えます。アウトサイドベットは赤や黒、奇数や偶数といった大味な予測を立てる賭け方で、配当は2倍と勝ち金が少ない代わりに的中率はほぼイーブンとなるので、初心者はこちらから始めるのが一般的です。ルーレットでは出る番号に偏りが起こることがあるので、最初はアウトサイドベットで様子を見ながら、偏り始めたらインサイドベットで勝負をするといったやり方をするのが良いでしょう。