カジノでゲームといえばルーレットです

カジノという言葉からルーレットを頭に思い浮かべる人は多数いると思います。それくらいカジノのゲームとしてはメジャーな存在であり、そのゲーム性の奥深さから数多くの人をこれまでカジノで魅了してきました。赤と黒の色が交互に配された緑のテーブルはとても美しいものであり老若男女の誰もが楽しむことのできる場ともなっています。最近ではネットカジノにより日本にいながら本場のカジノを体験できるようになりました。
ゲームについてはまず、ベラジョンカジノで遊べる全種類の大小(シックボー)を徹底調査!を参考にしてみてくださいね。

ルーレットの数字は1から36までが基本の配置として設定されていて、ヨーロピアンルーレットはゼロがひとつ設けられているタイプのルーレットです。ゼロが2つのダブルゼロがもうひとつ設定されているものとくらべるとゼロの枠が少ない分賭ける側に有利になのです。遊び方としては、最初に現金をルーレット専用のチップに替えてもらいます。チップに色々な色があるのは、他のプレイヤーとの区別を付けるためにあります。ディーラーがBet Pleaseという声を発したらベットを開始していきます。チップの賭け方は様々に存在しています。1から36、そしてゼロの個別の数字に賭けていく方法がまずあります。次に数字の出目を2個から6個まで使って予測する枠があり、アウトサイドベットと呼ばれている部分では、次にくる数字が赤か黒か、偶数か奇数か、ハイかローかといった枠が設けられていてゲーム性を複雑にして楽しむことができるようになっています。

様々な数字に対する賭け方のそれぞれに配当が設定されていてダブルゼロのルーレットであれば、1つの数字に対して賭けた配当は35倍、12個の数字に対して予想した場合には2倍の配当となっています。当たりやすければそれだけ配当は低くなっていくということになっているので完全に確率による運任せのように思えるゲームですが、様々な攻略法が考案されているゲームでもあります。