カジノのルーレットでのアウトサイドベット

カジノにやってきた初心者がルーレットにおいて簡単に楽しめるのがアウトサイドベットです。アウトサイドベットはどれもシンプルであり、賭け方も5種類しかありません。一方でカジノの中でルーレットが最も必勝法や戦略が多いとされているのは、アウトサイドベットが充実しているからとも言われています。その一方で0や00が出た時にはどうしようもできないのもアウトサイドベットの宿命とされています。カジノでルーレットを楽しむ際には、アウトサイドベットをいかに堪能し、0や00の恐怖に打ち勝つことができるかが重要です。カジノの定番ポーカーについてはこちらをどうぞ!ポーカーの必勝法・攻略法・ルールとは?

配当が3倍になるものには、ダズンベットとカラムベットがあります。ダズンベットは1ダースごと、12の数字ずつに分けられており、その中で当てていくものです。1から12、13から24、25から36と分かれています。絡むベットは横に一列ずつ三等分した中で賭けていくやり方になっています。アウトサイドベットの中ではあまり取り入れられない賭け方になっており、2倍では物足りないけど、当てやすいものを選びたいという場合に重宝されている印象です。わざわざここに大金を賭けるケースはあまり見受けられず、必勝法を持っている人がベットする傾向にあります。

配当が2倍になるものでは、赤と黒を当てるものや奇数か偶数、そしてハイアンドローの3つです。こちらは非常にシンプルであるとともに、必勝法がたくさん存在し、インターネットで学習したと思われる人が一生懸命配当が2倍になるところに賭けを行なっています。ルーレットにはこれまでの出目が出ており、その出目の傾向を見ながら賭けていくことになります。赤がこんなに続くわけがないと黒に賭ける、偶数奇数と交互に来ているから次は偶数だと法則を見つけて賭ける人など様々です。