カジノのルーレットでのインサイドベットとは

ルーレットはカジノでも人気のあるゲームの一つです。カジノにはいろいろなゲームがありますが、ルーレットは見た目が分かりやすいという意味もあるでしょう。カードゲームなどは、ルール上はさして複雑でもないものが多いのですが、やはり初心者にとっては最初のうちは分かりにくいと感じるものも多いためです。またアジアで人気のサイコロを使ったシックポーもおすすめ!気になる方はこちらから 大小(シックボー)の必勝法・攻略法・ルールとは?
さて、カジノでルーレットで勝負するためには賭け方を知らなければ話になりません。基本的にはテーブル上にある賭けることのできる場所にチップを置くことでそれができるのですが、まずはインサイドベットについて知っておきましょう。インサイドベットとは、賭けることのできるエリアのうち、数字が書かれている場所にチップを置くやり方です。1から36までの数字が3列に並んで書かれているでしょうから、その中の数字を一つ選んでその枠内にチップを置くのがインサイドベットの一つです。
ただし、数字を一つ選んでその枠内に置くことしか賭ける方法がないわけではありません。隣りあった数字の枠線上にチップを置くことで2つの数字に同時に賭けることもできます。あるいは、4つの数字の中央部、四角形の交点にチップを置くことにより4点賭けをすることもできます。あるいは、3つ並んだ数字の外側の枠線上にチップを置けば、その3つの数字の全てに賭けたことになりますし、似たような感じで、6つ並んだ数字の外側の枠の中央部にチップを置くことで6点賭けをすることができます。
このように、数字が書かれた場所に賭けをすることをインサイドベットと呼ぶのです。この賭け方では、最大でも6点賭けとなりますのでそれだけ当たりにくい一方で、当たったときの倍率は比較的高くなります。