カジノのルーレットの勝ち方について

カジノに設置されている様々なゲームの中でも最も有名で人気のものといえばルーレットです。
次に出る目を当てるだけという子供でも簡単に理解できるルールと1点賭けすれば高配当、赤黒で賭ければ高確率で的中させることができるなど、賭け方次第でリスクとリターンを管理できるのが人気の秘密です。ネットカジノの【ルーレット攻略】確率から考える必勝法のコツ|勝ち方、賭け方まとめもあります。
そんなカジノのルーレットで一攫千金を狙うための勝ち方、必勝法は存在するのでしょうか?
実はカジノのルーレットはほぼ全てのカジノで設置されている上に、前述のとおりプレイヤーがゲームに関与できる比率が他のゲームよりも高いことから、最も勝ち方に関する研究が進んでいる分野なんです。
今回はその中でも有名な3つを紹介します。

最初に紹介するのはマーチンゲール法です。
やり方はシンプルで赤か黒のどちらかに賭けるだけ、そして外れてしまった場合はベット額を倍にしてまた賭けます。
もし次に外してもさらに掛け金を倍にしてベットするので資金がパンクしない限りは掛け金を取り戻せるという仕組みです。
次にベアビック法、これは37箇所ある数字のうち35箇所に1点賭けする勝ち方です。
仮に1箇所に1ドルずつ、35ドルをベットし35/37を的中させた場合36ドル分のチップを獲得できるので1ドルの儲けとなります。
いわゆる的中率重視の賭け方ですね。
もっともマーチンゲール法もベアビック法も絶対確実に儲かる必勝法というわけではありません。
たとえばベアビック法はリターンの割に外してしまった場合の損失が大きく、機械的に繰り返せば損する公算の高い賭け方です。
では何故そんな方法がルーレットの定石として使われているのか。
それはこうした戦略をベースギャンブラー独自の勘や方法論を組み合わせることで、利益を出せる勝ちパターンを作ることが可能だからです。