カジノのルーレットで禁止されていること

カジノで最も人気があるのがルーレットであり、初心者なら誰もが一度はやってみたいカジノゲームの1つです。その一方で賭け方が無数にあることから、多くの必勝法が編み出されているものでもあります。そうした時にカジノ側がルーレットを遊ぶ際に禁止していることがいくつかあり、うっかりそれをやると出入り禁止を食らうようなことにもなりかねないので注意が必要です。撮影禁止などはルーレットではなくても徹底されており、持ちこみこそできるものの、撮影している現場を見つけられれば締め出しを受けるのは致し方ありません。

一方でメモをとることも禁止されています。ルーレットに出目に関する掲示板があったり、バカラでもどちらが勝ったかを示すボードがあったりしますが、それを名目にメモをとる人がいるためそうした人を排除するために存在します。メモを使って行う必勝法があり、それを見ながらやっていくことで確実に勝つことができます。そのため、ルーレットなどではメモを使うことは禁止です。同時にモンテカルロ法などといった必勝法を禁止にしているところもあるなど、そのあたりに神経を尖らせるカジノ場は結構存在します。もっと気軽にカジノ!を楽しみたいなら出金わずか30分!エンパイアカジノでトライ!

国によって違うのはノーモアベットの後にベットを行うことを認めるか、認めないのかの違いです。後張りと言い、ノーモアベットの声がかかったらそれ以上賭けるのはできません。一方でカジノの本場であるラスベガスやオーストラリアなどでは後張りを認めているところもあります。これをやり続けると明らかなマナー違反であり、最悪の場合は締め出されてしまうことも出てきます。近年は後張りを認めるところも増えているようですが、実際にプレイをする際には注意が必要です。