カジノのルーレットにおける簡単な配当計算の方法

赤か黒かのようにこちらに賭ければ2倍というのはカジノのルーレットをさほど知らない人でもわかりますが、数字に直接賭けていく場合には一気にわからなくなることがあります。そうすることで何倍になるのかが分からずに適当に賭けていった結果、当たったのはいいものの配当が少なくて結果的に損をすることも珍しくありません。この配当計算をしっかりとしておくことで、カジノのルーレットでの資金配分も行えるようになります。1点賭けは36倍ということを頭の中に入れておけば後は何点賭けを行ったかで計算をしていけばもう大丈夫です。

2点賭けの場合には36を2で割り、18倍ということになります。3点賭けなら12倍、4点賭けなら9倍です。一方、5点賭けというのも存在しています。ファイブナンバーズベットと言われ、0と00、1から3の5つの数字に賭けるやり方です。0と00があるアメリカンルーレットならではのやり方であり、カジノにこれを導入しているところしかできないものです。この場合、36を5で割れば7.2になりますが、配当は7.2倍とはならず、7倍です。0.2倍分、割りを食うことが計算をすれば明らかです。

基本的には0と00がある分、それが取り分になっているのが実情です。一方で5点賭けは0.2倍の分だけカジノ側の取り分が増える形になっています。ちょっとした計算をするだけでも戦略の立て方がわかります。そして特定の数字が来れば36倍以上の配当になるだけでなく、その周辺の数字が来れば元を取れるような賭け方も存在するなど、計算することで楽しさが出てきます。配当がどれだけになるのかを計算していくだけで楽しくなるのがカジノの醍醐味でもあります。なお、種類豊富なネットカジノなら、ルーレットだけでなく、30種類以上のスポーツにベットできるウィリアムヒルスポーツカジノなどもあります。