妊娠1日目のママと赤ちゃん(妊娠2週と1日)

今回は、妊娠1日目(妊娠2週と1日)のママと赤ちゃんの変化についてお伝えします。

おなかの赤ちゃんの成長

妊娠1日目(妊娠2週と1日)、この日には初めて細胞分裂が行われます。
あなたの卵子とパートナーの精子から作られた一つの細胞(接合体)が分裂して、2つの細胞が作られるのです。

この細胞は、重力や卵管内の繊毛(せんもう)の動きに押されることで、卵管内を自由に動き回るのです。

ママの体と心の変化

妊娠1日目(妊娠2週と1日)に、初期妊娠因子(EPF:Early Pregnancy Factor)というものが、ママの体内で生成され始めました。

このEPFがないと、ママの体でできたばかりの一つの生命を、ウィルスのような異物と間違って認識してしまい、排除しようとする可能性があるのです。
EPFの存在によって、誕生したばかりの赤ちゃんはリスクを負わずに成長を続けることができるのです。

妊娠中とくに気をつけたいことは?

妊娠に影響を与える外部要因の中で、もっとも重要で、さらに自分でコントロールができることがあります。
それは「栄養」です。

栄養のバランスが取れた食事は、ママの健康にも、おなかの赤ちゃんの発達にも、出産後の赤ちゃんの健康にも、とても大切なことです。

とくに重要な栄養素は、タンパク質、カルシウム、葉酸、鉄分、ビタミンA、ビタミンB群やファイトケミカルなどです。

すでに子どもがいて、その子が2歳以下の場合は、鉄分がとくに必要になってきます。
母乳での育児中のママは、とくに栄養に気を配るように心がけてください。

妊娠2週と1日。
出産予定日まで265日!