マカオのカジノ王の娘はスケールが違います

海外では常識であるカジノ施設は、日本では賭博に当たるとして法律で認められていません。ですから、カジノでギャンブルをしたい場合は、ラスベガスやマカオのように合法的に運営されているところに行くしかありません。そのニーズが多いせいか、カジノ遊びを行程に組み込んだ海外旅行の企画が増えてきました。そして、それに申し込んで参加する人の数も少なくありません。このように、ギャンブルというのは人々を熱狂させる魅力があるのです。日本でもIR推進が正式に決定していますので、カジノ解禁が現実味を帯びてきています。ねらいは、海外からの観光客を増やすことで消費を拡大し、経済成長を図りたいというところにあります。2020年の東京オリンピックが終わった後の成長戦略のベースにしたいとの意向があるからです。カジノ解禁に備えオンラインカジノで今から予習しておくのもおすすめです。

1989年1月生まれのモデルのソンミさんは、高い身長と美しいスタイルでもって熱い人気を集めています。どんな衣装を着ても見事に着こなし、圧倒的に高い評判を得ています。テレビのトーク番組にもよき出演し、セレブ話をすることで話題を巻き起こしています。あるとき、テレビ番組に出たときに語った話に、「ソンミの父親はマカオのカジノ王である」というものがありました。あまりの衝撃の大きさに反響は絶大なものがありました。ソンミさんの父親が経営しているとされているマカオの施設には、確かに、外観の広告としてソンミさんの顔が至るところに描かれています。事実関係がどうであるのかを調べてみますと、カジノ王と呼ばれている人の部下がいて、その人の娘がソンミさんである、というのが正しいと判明しました。

もちろん、王と呼ばれる人の部下であり、カジノを任されているというのですから、かなりの年収を持つ資産家であることは間違いありません。一説によりますと、ソンミさんの父親は一兆円の財産を持っているとの情報もあります。そんなソンミさんにまつわるエピソードは驚くべきものばかりです。以前は、VIPルームで遊んでいて1枚のチップを賭けて負けたのですが、後で気づくと、それは1億円のチップであったというのです。彼女は1,000万円のチップだと思い込んで遊んでいたのですが、とんだ思い違いであったとの話でした。ほかにも、飛行機はファーストクラスしか乗らない、ホテルはスイート以外には泊まったことがない、テーマパークでは付き人が順番待ちをしてくれるので自分が立って待ったことがない、などの逸話が山のようにあります。カジノ王の部下の娘というのは浮世離れしています。