狭い面積の国でもカジノが経済を刺激します

シンガポールは、IR導入が成功し、統合リゾート施設が観光スポットとして人気を呼び、多大な経済効果をもたらしていることは広く知られています。シンガポールでも、当初、カジノを合法化するまでには多くの紆余曲折がありました。1985年と2002年のそれぞれにカジノ設置に向けての論議が活性化いたしました。しかし、いずれも却下されて日の目を見ることがありませんでした。そして、2004年にはシンガポール通商産業省がカジノ開設を改めて提案し、2005年にカジノ合法化議論があらためて浮上し、ついに閣議決定されるに至りました。方針変換の理由は、シンガポールがアジアでの都市間競争での地位の強化を図るため、というものがあります。とくに、中国経済が目覚ましく力をつけ、また、マカオでのカジノ観光産業が劇的に業績を伸ばしていることは、シンガポールには無視できない脅威となりました。

二つのIR施設の業績は、それぞれが売上高が3000億円前後、営業利益は1000億円前後の数字をあげています。カジノ事業の場合、対象となるマーケットの個人金融資産量と施設の数によって、収益がどれだけ上がるかが決定するとされています。この事業での収支リスクは、施設の数が多すぎる、つまり供給過剰というのが最も懸念すべきファクターとなります。シンガポールでは、アセアン全域が対象となるマーケットです。これは非常に大きな経済圏であると言わなければなりません。片や、アセアン内ではカジノ施設はさほど多くはないというのが現状です。そういった理由で収益性が高いという側面があります。シンガポール政府は、二つの施設へのカジノライセンスを発行した後は、約10年にわたっては、追加ライセンスを発行しないという態度を表明しています。

シンガポールという国は、人口は530万人、GDPは2765億ドル、面積は716㎡の都市国家です。この面積は、東京23区と同じ広さです。シンガポールがIR施設を設置した目的は観光振興による経済効果を手に入れる、というものです。現実に、シンガポールでIRが開設されてからは、観光客数は飛躍的に増加しています。観光収入は倍増という結果をもたらしています。なお、観光収入はシンガポールのGDPの約7%を占めています。さらに、より観光産業を振興させる目標を掲げており、達成できるかどうかに熱い注目が集まっています。IRが及ぼした経済効果は、大変に大きなものがあります。観光収入の拡大だけにとどまらず、設備投資や雇用増加など、IRがもたらした効果は実に枚挙に暇がありません。二つのIR施設での直接雇用だけでも、2.6万人と言われています。カジノの臨場感を今すぐ味わいたいならオンラインカジノランキングをチェック!ライブカジノを楽しめるサイトが多数掲載されています。